FAM

営業では、お客様の不満を解消するためにサービスを提案することで、それを買ってもらえますよね。

子連れ再婚も同じで、親が不安を感じていることについて「2人ならこう解決していきますよ」と提案することで、初めて納得してもらうことができます。

なので、まずは

「子連れ再婚に反対する親を納得させること」=「お客様への提案」

という意識を持ってみて下さい。
この意識を持つことで、4ステップを行ったときの効果が大きく変わってきます

子連れ再婚を親から反対されたら、どうすればいいの?

と悩んでいる方へ、親に納得してもらうために必要な、下記の4ステップについて解説します。

  1. 反対の理由を聞いて、明確にする
  2. 理由への対策を、2人で説明しに行く
  3. 対策を行っていることを、LINEで報告
  4. 3者で会う機会を、何度も作る

「100%納得させれる」とまでは言いませんが、少なくとも「子連れ再婚の反対を諦めてもらう」というところまではいけます

そうすれば、子連れ再婚を諦める必要はないので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

子連れ再婚を反対されたときに必要な心構え

親の説得は、営業と同じ

は? 何言ってるの?

と思ったかもですね。

しかし、「子連れ再婚に反対する親を納得させること」と「営業」のゴールは基本同じ、これです。

相手の不安・不満を解消するために、自分たちができることを伝えること

営業では、お客様の不満を解消するためにサービスを提案することで、それを買ってもらえますよね。

子連れ再婚も同じで、親が不安を感じていることについて「2人ならこう解決していきますよ」と提案することで、初めて納得してもらうことができます。

なので、まずは

「子連れ再婚に反対する親を納得させること」=「お客様への提案」

という意識を持ってみて下さい。
この意識を持つことで、4ステップを行ったときの効果が大きく変わってきます

長期戦を覚悟する

子連れ再婚に反対の親を納得させるためには、「長期戦を覚悟すること」も必要です。

残念ながら「数ヶ月で納得してもらえる」なんてことは、ほぼ稀です。1年くらいかかることもあります。

しかし、それだけ長く納得してもらおうとやり取りできれば、親も次第にその覚悟が本物だとわかることができます

また、時間が経てば経つほど、親の方も最初に反対していた時より冷静に物ごとを考えれるようになっていきます

子連れ再婚を反対されたときのNG行動

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる